blog

コートの畳み方と持ち歩き

「コートの持ち運びはどうすると良いのか?」

「コートの扱いはルールがあるの?」

など、コートは冬の間しか着用しないので疑問だらけです。

畳み方を間違えるとシワになったり、大きくかさばってしまったりします。

畳み方を覚えていれば様々な場面で役に立ちます。

今回はコートの2つの畳み方と、脱いだ時のマナーに関する注意点と合わせて紹介します。

コートの畳み方

  1. コートの畳み方はたった2種類です。用途によって、畳み方の種類を変えます。
  2. コートを裏返して畳む
  3. コートを平畳みする

コートの畳み方は外出でコートを脱いだときに。

コートの畳み方は引き出しや段ボールに収納するときにつかいます。

どちらのコートの畳み方も簡単にできるのですぐにマスター出来ます。

コートを裏返しにして畳む

ハンガーがない場所でコートを脱ぐ場面は裏返しに畳みましょう。裏返すことで、コート表地にキズが付くことを防げます。飲食店で何かがこぼれてきたときも、コートの表側への汚れを防ぐことが出来ます。

また、コートの表面はほこりや花粉などを吸いこんでおり、裏返しに畳むことでほこりをまき散らすことを防ぐことが出来ます。

慣れると5秒で畳むことが出来ます。

コートを脱いだ時のマナー

ビジネスにおけるコートはマナーを守りましょう。基本的にコートは外のみで着用するアイテムです。得意先訪問や就活において企業を訪れる際には、会社の敷地内に入る手前でコートを脱いでください。

コートを裏返しに畳んで、腕にかけます。受付で預かってもらえる場合は表に返し、コートを預けます。

もしコートを預けるところがない場合は、そのまま腕にかけたまま入室し、三つ折りにしてカバンの上に置くか、椅子の上を借りて置かせてもらいます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。