2021 春夏新作 ORCIANIのトートバッグ

いつもご覧位tだきありがとうございます。

今日は、随分暖かくなり気持ちの良い日になりました。

散歩がいいですね。

 

デニムの話ですが、なぜデニムは青い色で染めているのでしょうか。

ジーンズの履き始めは、アメリカの金の鉱山の作業服でした。

現場で作業中に蛇に噛まれることが、度々ありインディゴカラーに染められたそうです。

インディゴ染料は、防虫効果があった為労働者に重宝されました。

少し話がそれますがオススメのアイテムは、本日入荷のORCIANIのトートバッグです。

シュリンク加工のトートは、傷がつきにくく耐久性に優れています。

978年、デザイナーのClaudio Orciani(クラウディオ・オルチアーニ)が23歳の時に、理想のベルトを求めて自分でベルトを作ったのがはじまりです。

イタリアのレザーブランド。メンズ・レディース向けのベルトやバッグを展開している。

ブティックを経営していた友人にすすめられ、1979年1月15日より本格的にベルト作りを始めた。自身が生まれ育ったイタリアのファノを拠点に活動している。彼のクリエイションを一言で表すと「Enthusiasm(熱意)」。決断力、情熱、そして繊細さを秘めたデザインで、ブランドの世界を確立してきた。ブランドの長い歴史の中で培われてきた技術によって、高品質なアイテムをプロデュースしている。

A4がすっぽり入る横40cmX高さ33.5cmXマチ14cmです。
丁度イイ大きさです。

皮が比較的柔らかいので体に馴染み使い込むと味が出てきます。

マチも十分にあるので沢山物が収納できます。

表面は、マット加工ですが、突き込むほど艶ができます。

高級感でますよ。

良かったら手に取っていただきサイズなど確かめて頂く良いと思います。

新しいシーズンの始まりに新しいバッグは、いかがでしょうか。

よろしくお願いします。